2007年度就職活動



気温が低く春の雰囲気が薄れています
コートが必要です。あいにくクリーニングに出てます・・・
おはようございます、体調があまりすぐれない作者です




今日はつい先日見たテレビのお話
12chの「カンブリア宮殿」(?)で新卒者の特集していました
現代の新卒雇用の実態を見て、驚愕の一言です
そもそも作者の時代では、世間的に【就職難】とか【就職氷河期】
と言われてた位、内定とるのに激戦でした
今は「超」がつく程の【売り手市場】のようで
一人当たり、内定数が5社は平均のようです(聞くところによると)
その流れか、説明会の参加キャンセルや選考辞退の人数も多いようです
企業側は「人材確保」に躍起です
以前は説明会やOB懇親会などが一般的でした
今は学生達と接する時間をより多くとるための集いを開催しているようです
学生側も企業を「見る眼」が随分と厳格にかつ慎重になっているように感じます


【就職】は自分の人生を左右しかねない大切なターニングポイントです
それゆえ慎重なのでしょう
ただ、残念なデータがあります・・・
新卒者の早期退職率が3人に1人のようです
ん~個人的な感想ですが「もったいない」と思います
会社の事、仕事の事などはそうそう短期間では全て理解できません
どんな会社、仕事でも「良いこと」「嫌なこと」「辛いこと」つきものです
就職先を決めることが大事ではなく、ゴールでもないと思います

そこで新たな頑張りをスタートすること
これが大事だと思います
「もうちょっと」の頑張り、我慢が必要だと感じます


それでも、転職を考えたらまず当社にご登録にお越し下さい
お仕事紹介もそうですが、皆さんにとって何か今後の参考になれれば幸いです


派遣社員からスタートして正社員への道
今ではそう言う選択肢もあります♪

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

この記事について

このページは、Kinds_Staffが2007年4月18日 08:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「音楽を語る作者(笑)」です。

次の記事は「派遣のススメのご案内」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。