親切心ゆえに



動物占いがコアラの「相棒」大好きっ子です
「相棒」って言うドラマご存知ですか?
杉下右京の何を考えているかわからないような所が最高です
その他にも捜査一課のトリオ、鑑識課の米沢守もイイ味です
来春、映画が公開されますのでぜひご覧下さい


さて、今年ももう残りわずかですね
振り返ってみて、ある一つの恥ずかしい出来事を思い出しました
今日はそのお話

随分前の話になります
仕事終わり、混雑している電車の吊り革につかまっていました
乗車時間はわずか15分程度
始発の為、出発まで5分位待ちます
動物占いの通り、私はどこでも眠れちゃうコアラ人です
その日も吊り革につかまり、立ちながら・・・ウトウト・・

ZZzz・・・

しばらくすると、どこか遠くの方から

「・・・しょうか?」

と、聞こえてきます。なんだか優しい男性の声です
その後すぐに肩をトントンと叩かれ、また一言

「・・・ください」また優しい男性の声です

眠い目を開き、ふと前を見ると男性が私に

「どうぞ、座ってください」

と、席を譲っているのです
意識がはっきりしてくると、驚愕の事実に気付きました
その男性はご老人でした・・・
なんと、おじい様が私に「どうぞ座ってください」と譲っています




な・なんですとーーーー!!(っ゚Д゚;)っ 



確かに70代後半位の白髪のおじい様です
眠気と戦っている私を見た心優しいおじい様は
見るに見かねたのでしょう・・・
私は恥ずかしさでいっぱいになりました

「だ、大丈夫です!もうすぐ降りますから・・」

と精一杯の強がりでお断りしました
最寄り駅まで残り2駅
チラチラとこちらを気にするおじい様

「お願いだから、もう見つめないで!!」

と、心で叫びながら到着を待ちました
時間が止まったかと思うくらい長い乗車時間でした


その日から、どんなに帰りが遅くなろうとも
出来る限り始発を待って座って帰るようにしています
どうしても座れない場合
かかとを上げて小さくダイエットに励んだり
見える広告を端から端まで読んでみたり
眠らないよう小さな努力をしている今日この頃です


どこでも眠れちゃう私が働いている㈱カインズスタッフ
眠気も覚めるくらい、新規案件(お仕事)が発生しています
是非、お仕事探しにお越し下さい♪
眠気覚ましのコーヒーをお出しします★


検索ワードは「千葉県の派遣会社」で→㈱カインズスタッフ

【ホスピタリティ・マインド】・・・当社は思いやりと心配りを大切にしています

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

この記事について

このページは、Kinds_Staffが2007年12月21日 20:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「カーナビ不要の男」です。

次の記事は「「J」の祭典」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。