宇宙ブログVol.4



ブラックホールの神秘

皆さん、ご無沙汰しております。ケロロ募集班長であります
世知辛い世の中になり夜風が骨身に染みる今日この頃・・・
そんな時は、壮大な宇宙、星空に向かって

ビッグバーン!最高! 

と叫んでみましょう


そう言えば・・・先日、気になるニュースを見ました
母なる宇宙に関するこんな内容です↓
京都大学と国立天文台の共同観測チームが
銀河系の中心部にある超巨大ブラックホールの周囲のガスが
数分ごとに突然明るくなるフレア現象の観測に成功したようです
すばる望遠鏡により
銀河系の中心部分から放たれる近赤外線を観測したところ
超巨大ブラックホールの近くのガスが
明るくなる爆発現象を一晩で3回とらえることに成功したとの事

だから?

なんて声が聞こえてきそうですが、宇宙好きには驚きの出来事!!

謎の多いブラックホールですが
実は生成過程、質量毎に大きく分けて3種類に分類されます
星が全ての核エネルギーを消化し
自らの重力により押し潰され発生するのが小質量ブラックホールです
太陽の質量の10~20倍あります
一方で、銀河の中心に発生する大質量ブラックホールも存在します
なんと太陽の質量の百万倍~十億倍を超えます!
大質量のブラックホールを形成する起源について最も有効な説は
銀河どうしの接近や衝突などにより
銀河内部で爆発的な星形成が起こり、密度の高い星団が大量にでき
こうして作られた重い星の寿命は非常に短い為
早くに超新星爆発を起こし
太陽の20~100倍の質量を持つ中質量ブラックホールが誕生します
多くの星団が中心に吸い込まれる際
同じく中質量ブラックホールも銀河の中心に集まります
それらは重力波を放出しながら合体し
1つの巨大ブラックホールへと成長するんです!
同時に回りの星やガスを飲み込むことで銀河の核として活動を開始します
この事実を知らない人にとっては
このニュースは何の興味も関心も抱かず終わってしまうんです・・


今、何か知る事で、今後、何かが変わるかもしれません! 
I CAN CHANGE!YOU CAN CHANGE!
I HAVE MONEY!I HAVE KITCUT!


この不景気、変わるチャンスは今です!
新たな年度からスタート!
お仕事探しまだ間に合います
千葉県のお仕事はもちろん
東京都、神奈川県も増加中♪


【エントリーはココから!】




宇宙ブログとお仕事探しのことなら→㈱カインズスタッフ

【One connection】・・・当社は「一つの繋がり」を大切にしています

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

この記事について

このページは、Kinds_Staffが2009年3月28日 09:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「半身浴」です。

次の記事は「春うらら。新年度スタート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。