取り扱いにはご注意を

「表面張力」というのを知っているかね?バービー君

「バスケ王子」です。私の名は「バスケ王子」

バービーでもオービーでもありません

 

高校時代、「分からない英単語は辞書で調べなさい」

「ひたすら辞書をめくりなさい」

そんな教育受けました

 

2012年、今じゃPCでポチポチって検索すると

何でも知りえてしまう便利な時代

当時、高校の担任は、こう言っていました

「調べた数だけ身になる。辞書が真っ黒になる位調べなさい」

と。めんどくさいなーと、ボヤキながらも辞書でペラペラ

お蔭様で、自ずと頭にはいってくる英単語

手間隙かけた分だけ知識になってたのでしょう

今は今で、便利な分だけ時間かけずに情報を吸収

より多くの情報を吸収できやすい世の中です

 

バスケ王子は全く興味ありませんが

mixi、Facebook、ツイッター・・・

それら、SNSと呼ばれるネット上のコミュニケーションサイト

これらもまた、多くの情報を発信しており

個人、法人問わず、いろいろな情報を知りえるようです

個人の趣味として、楽しむ分には問題ないのですが

気をつけてやらないと、トラブルになるケースも多いようです

不特定多数のユーザーが比較的自由に閲覧できるって事

これをあまり深く考えずにいると大変です

例えば、皆さんが働いている職場の話

日常の様子を何気なしに日記等々で公開した場合

その内容如何では、「機密情報」に抵触する恐れがあります

働く職場で知りえた情報は、そこで働く人しか知りえない情報

いわば、それは「機密情報」に相当するケースがあります

情報の重要度は個人だけでは判断できないので

やはり、安易にSNS等で情報を発信するべきではないと思います

SNSは匿名性が高いとは言え、名称などオープンに発信すると

「誰が」発信源が特定できる可能性もあります

個人の趣味で楽しむべきSNS

安易に情報を発信しない事が必要とされます

情報の取り扱いには気をつけましょう

 

 

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

この記事について

このページは、Kinds_Staffが2012年10月27日 15:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「食べ物もお仕事も実りの秋」です。

次の記事は「ビジネスマナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。