2013年2月アーカイブ

雪合戦

今年は天気予報で「雪」を見かける機会多いですね

こんにちは、「バスケ王子」ですbasketball

 

子供の頃は雪降れば「雪合戦」snow

これが楽しみで楽しみで、雪の日はワクワクしてました

常識的な方であれば、雪合戦の玉は

雪を両手でまるーく玉状にし、当たったら崩れる柔らかい感じで

破天荒な男子になると、雪合戦の玉は

雪を両手でギューっと強く、硬く丸めます。当たったら打撲、打ち身になりそうな強度

もはや、雪玉ではありません。氷玉ですshock

 

では、正しい雪玉の作り方、皆さんご存知ですか?

日本雪合戦連盟(1993年に結成された模様)によると

公式戦では、サイズとしては直径約7cmの雪玉を使用するようです

しかも「雪玉製造機」であらかじめ90個ほど用意しておくらしいです

それらは、投げるときには型崩れする事なく

それでいて、当たったら粉雪が舞うように崩れ

誰もが痛みを感じない理想的な雪玉です

機会がありましたら、雪合戦する際は「雪玉製造機」を使って

直径7cmの柔らかい雪玉で楽しんで下さいgoodshine

 

ちなみに、鎌倉時代には雪合戦よりも遥かに危険な「石合戦」が流行っていたそうです

あまりにも危険で死傷者も出た為、幕府より禁止令まで出ました

そりゃそうですよね・・・sweat01

石合戦の説明文に「雪合戦より安全性に欠ける」との一文もありますdanger

 

春はもうすぐ、雪の日は時間にゆとりを持ってご安全に

 

★☆★☆★ 3月スタート案件あります!! ★☆★☆★

事務系のお仕事、期間限定の軽作業、紹介予定派遣

勤務地、職種多数あります

「イチオシお仕事情報」よりご確認の上

お気軽にお問い合わせ下さい

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.6

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。